So-net無料ブログ作成
検索選択

再び時効直前に起訴=暴行事件、DNAが一致−解体業の男、関与認める・水戸地検(時事通信)

 茨城県内で2003年4月に女性が乱暴された事件で、現場に残された遺留物のDNA型が一致したとして、公訴時効2日前に強姦(ごうかん)罪などで起訴された建築解体業富田和広被告(43)=同県小美玉市=について、水戸地検が別の二つの強姦事件で追起訴したことが22日、分かった。うち1件は、既に起訴された事件と同様、22日午前0時の時効2日前に公判請求された。
 捜査関係者によると、新たに起訴されたのは、03年4月22日と04年3月15日に県内で女性が乱暴された事件。いずれも同被告と現場のDNA型が一致、関与したことを認めているという。03年の事件は時効直前だった。県警は県内で起きたほかの暴行事件についても、かかわっている可能性があるとみて慎重に捜査している。 

【関連ニュース
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う
宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴
時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ
知的障害の女性を暴行=施設の元生活支援員逮捕
暴行事件、時効直前にDNA一致=解体業の男起訴

大阪・池田、神戸の2教会に消火器 関連を捜査(産経新聞)
初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会(医療介護CBニュース)
【from Editor】ブロガーからのエール(産経新聞)
<筑波大>「科学の芽」賞を募集 小中高校生を対象に(毎日新聞)
<若年性パーキンソン病>異常ミトコンドリア蓄積が原因(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。